2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

他のアカウント

2011年11月 7日 (月)

シイタケ三昧

 コープのカタログで『椎茸栽培セット』なるものを発見。二回収穫できるらしい。
お値段1080円也。椎茸を購入するよりお得かも。それに育てる楽しみがある。
というわけで、購入し、育て始めたのが11月1日。

Dsc00046

説明書によると、五日から二週間の間に芽が出て、その後育成期間があり、収穫できるようになるとある。
温度は朝~夕方は20~23℃、夕方~朝は18℃以下。
ところが、ここのところ11月とは思えないほど暖かい。そのせいで、何と五日目には

Dsc00049

こんな感じになった。
大きくしようと収穫時期が遅れると、胞子が飛び散り、失敗するらしい。
それで、急いで収穫した。

Dsc00052

というわけで、夕食は椎茸づくし。
左上、シーチキンと玉ねぎを和えたものを椎茸に乗せ、その上にとろけるチーズを乗せたもの、カッテージチーズを乗せたものと、みそマヨネーズのみを乗せたものをオーブンで焼いた。
右のは、ニンニクと一緒に炒め、パセリをふったもの。

翌日は、椎茸のてんぷらと、みそ汁。

 明日から二回目の栽培にとりかかる。これからが難しいらしい。
さて、どうなることやら。

2010年8月24日 (火)

はじめてのモニター~“カゴメ トマレピ!”

 このブログページ左下方にBlingのブログパーツがあります。このBlingからモニターの情報を得て、これならと思うものに応募し、当選したら商品が送られてきて、試したら感想をブログに書くのです。今回、“カゴメ トマレピ!”に申し込んだら、下の写真の商品が送られてきました。
P1010473
娘が、「あっ、はるな愛のトマレピ!」とすぐに反応。「そんなCMあったっけ?」その程度の認識で、モニターを務めようとするとは、カゴメさんごめんなさい。

この中から「イタリアン風トマト肉じゃが」を選択し、調理しました。

 さて、いつもなら、かるーい気持でこの手の商品を使うのですが、モニターともなると、箱に書いてあるレシピに忠実に作って、感想を書かねばと、緊張しました。
 冷蔵庫の豚肉150gを目分量ではなくて、秤で正確に用意。じゃが芋も同じく300g測ります。油大匙一杯まで測っちゃったよcoldsweats01
作り方はいたって簡単。肉を炒め、じゃが芋を炒め、本品と水を加えて煮汁がなくなるまで煮れば出来上がり。
P1010479
肉じゃがということで、和風のお皿に盛ってしまいましたが、お味は洋風。イタリアン風って書いてあったもんね。
 夫は一口食べて、こちらが感想を聞く前に「うまい!」と。普段はたまーにしか「美味い」と言わないのに、モニターだから、何か感想を言わねばと思ったのでしょう。「これ美味いわ。良い、良い、なかなか良いよ。」と絶賛します。私としては「美味い」「良い」以外の感想が欲しいところでしたが、考えようによっては、「美味い」の一言が一番のホメ言葉なのかもしれません。
 私の感想。肉じゃがと名がついていますが、もっとあっさりして、お洒落な味。トマトの酸っぱ味が程よくて、自分では出せないお味だと思いました。自分で出せる味ならわざわざ買ってまで使う必要はないわけですから、そういう点で、これはわざわざ購入する価値が充分ある商品だと思われます。
 ただし、量的には二、三人前とありますが、三人で頂くには少なめです。この量は副菜向きだと思います。

 味に戻りますが、遅く帰った娘も「美味しい!」と絶賛。「ほかに何が材料を加えてみるとしたら、何がいい?」と尋ねると、最初は「そのままでいいんじゃない?」と言ってましたが、「ズッキーニを入れてみたら良いかも」との提案がありました。
 箱を捨てようと開いてみると、中にアレンジメニューのレシピがありました。「鶏手羽肉とにんじんの洋風照り煮」だって。こちらもなかなか美味しそう~heart04

 次は、この照り煮とズッキーニ入りに挑戦するよ~と、ほとんど独り言のように宣言している私の姿を夫と娘はどう見ているのでしょう。このモニター経験が、私の料理への興味(あまり旺盛でない)を呼び覚ましてくれそうだと、ほくそ笑んでいるのかもしれませんwink

2008年7月 4日 (金)

うまいもの

 友人から、『抹茶黒豆納豆』というのをもらったP1000610
写真のようにして食べたのだが、何だかご飯に合わない。
 翌日、友人に話すと「あれはお茶請けよ」と言う。
備え付けの抹茶と塩を混ぜたと言うと、焦った様子で
「あれは混ぜないで、爪楊枝で一粒ずつ抹茶と塩をつけながら
食べるのよ」だって。

 だって、食べ方書いてなかったもーん。
でも、よーく見ると容器にかかった帯の裏に小さく書いてあった。
最近、小さな文字は見る気がしないのよ。

 しかし、物を知らず、注意力のない人間は折角美味しいものを頂いても
その良さを味わう機会を逃してしまうのね。

P1000659 高野フルーツの“セゾン・ブリュイ”
息子がいるうちに、美味しいものを食べさせたくて買いました。
高いわぁ。でも、高いだけあって、美味しい~

P1000665 同僚から頂いた、オニザキの“ごませんべい”
ごまたっぷり、ごまだらけ。
美味しいというより、栄養価が高そうなのに惹かれ
ネットで調べて、お取り寄せしました。
ほかにも、同社の商品、白ゴマや“黒糖棒ドーナツ”“太陽の恵みかりんとう”も一緒に買いました。ただし、それらはさっさと食べたので、写真はなし。

P1000663以前、ポロショコラを購入したお店で、見つけたタロイモのチップス
コレステロール0%、トランス脂肪酸0%らしいです。

P1000668 右はプレッツェルなんだとか。
おやつにもいいけど、ビールに合うようです。

最後にちょっと毛色が違いますが…。
中国気功整体の帰り道で、地元の農家の人が野菜を売ってまして、
トマトがすごく美味しそうで安かったので、購入しました。
「枝豆は売れちゃってごめんね~」 (いやいや、別に枝豆はいらんけど…)
P1000666「これ持ってくかい?」 (えっ、何、何?)
売り物を盛る際に選り分けた、いわば売り物にならない枝豆。
確かに中身が入っていないのもあるけど、中身があるのも多そう。
先ほど、枝豆は別にいらないと思ったことは、すっかり忘れ
「えー、もらっちゃっていいんですか?」などと、遠慮している風を装い
しっかり頂いて帰りました。
さすがに、採ってすぐの枝豆は旨かった~。
得した感が旨さを倍増してくれるね。