2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

他のアカウント

« はじめての… おまけ | トップページ | 断水で学んだこと① »

2018年5月30日 (水)

お薦め映画ありませんか

 ここ最近、観てよかったという映画に出会っていません。
一番最近では、呉映画サークルの定例会で観た「ラストプリンセス」
予備知識全くなしで、タイトルだけで面白そう…と。
いかにも史実に基づいて作られたと錯覚しそうなフィクション。
とにかく日本が大悪者として描かれている。
観ていて気分が悪い。
韓国で上映すれば、ますます反日感情がわくだろう。
日本人が観たらどう思うのか?
実際観終わった人が、「日本は本当に悪いことをしてたのねぇ」と話していた。
いやいや、フィクションがかなり入っていると解説に書いてますやん。
しかし、ヒロインが無理やり日本に連れてこられて、過酷な人生を送ったことは
事実らしい。こういう人がいたんだよということを知ることが出来たし、
彼女が祖国に帰った場面では、もらい泣きしたけどね。
でも、後味のよくない映画だった。 

その前に観たのは、「虎狼の血」
広島、呉オールロケということで、一応今は呉の住民なので観てみようかと。
ただ、やくざ映画だし、R15だし、嫌な予感はあった。
いきなりの拷問シーン。しかも汚い。
途中で出たいと思ったくらい。こんな風に思ったのは、「十三人の刺客」以来。
夫は「なかなか面白かった」と言っていたけどね。
ただ、ひとつだけ「おっ」と思ったのが中村倫也が出た時。
初めて見たのはドラマ「遺留捜査」の何話かに出ていた時。
何となく印象に残っていて、その後ダイワハウスのCMで、上野樹里の
頼りなーい夫役をしていて、なかなかやるなあと思っていたら、
ホリディラブではDV夫と、まったく違う役をしていて、この子はすごい!と注目していた。
それが、「虎狼の血」では気性の荒いやくざ役。相手の耳を噛みちぎったりする。
もっと色んな役をしているのが見たいなあ。と思ったのだけが収穫だったかも。
ちなみに朝ドラに出ていると知り、最近朝ドラを見始めた。
彼が出ると、ちょっとうきうきしている自分がいる。

その前が、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」
そこそこ面白かったけれど、終わり方がすっきりしない。
なんだよ~、阻止出来なかったのかい、ってね。

ずいぶん前に遡るけど、予告を見て夫が行きたいと言った「羊の木」
予告が面白そうなだけで、大したことないと思うという私の忠告など
聞くはずもなく、仕方なく付き合ったけど、予想通り。

その後、お口直しに行ったのが安全パイの「祈りの幕が降りるとき」
これはまあまあだった。

昨年九月に観た「歌声に乗った少年」は素晴らしかったが、
あれ以来、これという映画が観られてない。
どなたか良い映画教えてくれませんか?

« はじめての… おまけ | トップページ | 断水で学んだこと① »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はじめての… おまけ | トップページ | 断水で学んだこと① »