2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

« 名取裕子さんの朗読を聴く…前編 | トップページ | 人の縁がつなぐ素敵な出会い »

2017年11月21日 (火)

名取裕子さんの朗読を聴く…後編

 コンサートの開場時間は18時。
整理券を持っている人は17時40分までに集合するように言われた。
島にカフェなどなく、隣の島もカフェはあっても15時か16時に閉まる。
時間をどうつぶそうかと思っていたが、Sさんが「うちでお茶でも」と
誘ってくれたので、遠慮なくお邪魔することにした。
Sさん宅は山の上にあって見晴らしがよく、この日は四国まで見えた。
景色を眺めたり、あれこれ話していたら、あっという間に時間が過ぎる。
時間通りに行くと、もう皆さん番号順に並んでいる。
「34番です」と言うと係の人が案内してくれた。
最初に並んでいたときに顔なじみになった方々が
「こっちよ」「遅かったねぇ」と口々に手招きしてくれる。
いつもは六人くらいずつ中に入るのに、今回は三人ずつ。
私が入った時、正面最前列と二列目はもう埋まっている。
例の二十人の人たちだろう。
三列目の正面が空いていたので、そこを占拠。

 サントリーホールアソシエイトの原武さんがまず挨拶をなさる。

Img_0426_1

 昨日書いたように端唄、長唄、常磐津を織り交ぜつつの朗読。
私も朗読をかじってはいるが、当然のことながら格が違う。レベルが違う。
朗読によっては、時々飽きたり、眠くなったりするものだが、
今回は話の内容にどんどん惹きこまれていく。

 朗読が終わり、お話を始めた名取さん。
一年前、原さんから朗読の依頼があり、気軽に引き受けたものの、
時の経つのは早く、やがてお尻に火がついちゃったと大慌てで
構成を考えられたそう。
 邦楽はただ聞いていると何を言っているかわからないけど、
意味を調べたらなかなか面白い。それを皆さんに知ってほしい。
というわけで、写真にある「なとちゃんのなんちゃって解説!」を作られたらしい。
上段には唄、下段にはわかりやすい解説。
「あなたもワクワクドキドキね」
「デレデレのびちゃって」
「プリプリしてると」
「ちょー性格わるいんだから」
等々、今風で親しみやすく書いている。

話しながら、「バスの最終便は大丈夫ですか」と気にされたのですが、
最前列の方が「私は大丈夫です」と応えられたようで、
「そんな個人的な…」と笑った後、「客席がこんなに近いとは思いませんでした」
とにかく、さばさばしていて、気さくな感じで、ますます好感をもった。

 また、唄と三味線を担当されたのは、名取さんのお三味線のお師匠さん。
この方は着物姿が自然で色っぽい。後ろから数歩前に歩くだけで
その所作の美しさにみんなが「ほぉ~」と魅了された。
「名取さんとお稽古していたおかげで、こんな貴重な経験をさせてもらい
とても感謝しています。」と。
私のようなガサツな人間は、逆立ちしても真似できない。
笛の担当の方はまだ若いので、着物はお師匠さんほどなじんでないが、
品のあるさわやかな人だった。

 素敵な三人の女性たち。
こんな田舎まで来て、完成度の高い唄や朗読を披露してくださったことに感謝。
気持ちの良い時間を過ごさせてもらった。

« 名取裕子さんの朗読を聴く…前編 | トップページ | 人の縁がつなぐ素敵な出会い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私も名取さんの公演を福山から観に行きました。
以前から大好きな女優さんなので、こんなに近くで観れるなんて最高でした。
先日、名取さんのラジオで「下蒲刈素敵なところで、老後に住みたいって思った」と
仰ってました。また、いらして欲しいですね。

ナンシーさん、初めまして
折角コメントいただいたのに今頃気づきました。
お返事遅くなり申し訳ありません。
あなたもあの場にいらっしゃったのですね。
素晴らしい朗読でしたね。
名取さんが下蒲刈を気に入ってくださって嬉しいです。
ぜひまたお越しいただきたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 名取裕子さんの朗読を聴く…前編 | トップページ | 人の縁がつなぐ素敵な出会い »