2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

他のアカウント

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月29日 (月)

お盆休み 前編

 お盆は皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は12日夕方から山口の自宅に行きました。
今回二か月も間があき、しかもその間梅雨時期でもあったため
家は湿気がこもり、新しいはずの畳がネタネタしていてびっくり。
濡れぞうきんで拭いた後、から拭き。
それを二回繰り返して、何とか違和感がなくなりました。
それにもましてショックだったのが、ゴキブリがいた形跡があること。
つまり、多量の糞があちこちに落ちていたのです。
食べ物などないし、水は元栓を止めているので、水もないのに…。
しかもどこから? 排水管かなあ? それ以外に入りこむ隙間がどこかにあるのか?
どなたかお知恵を拝借出来ませんか?

 翌日早朝から夫は同窓会ゴルフ。
私は、家に風を通しつつ、お布団を干したり、掃除機をかけたり、床を拭いたり。
ここ10年ちょっとマンション暮らしだったので、一軒家の掃除って大変。
暑いので、休み休みしか出来ません。ほんとは暑さより歳を感じました。

 その後、お姑さんもお世話になっていて、私も親しくさせてもらってる
島内の親せき宅にお土産をもって訪れ、そこの奥さんと近況報告をし合いました。
彼女は私と同い年。五年前から人工透析をしています。
病人だからとのんびり過ごしているわけではなく、
年老いた舅姑、夫、独身の次男、長男の孫二人と六人もの世話を一人でしています。
透析を始める前とちっとも変わらない生活。
彼女が気になるのは二人の孫のこと。
一人は高一、もう一人は中二で二人とも野球をしています。
今の時代、子供が野球をしていたら、家族はなかなか忙しいのです。
夏休み関係なく、毎朝お弁当を作り、送り迎えをし、親同士の付き合いもある。
それを彼女が一人で引き受けています。

 「人工透析を始める時に先生が、『これで10年は大丈夫』って言った。
今、五年経ったから、後五年。五年後には孫たちも手が離れてるだろうし」と
彼女が言った時、頭がついていかず、何を話していいかわからず…。
人工透析について詳しく知らなかった私は、今まで気楽に考えて
彼女と接してしましたが、自分の愚かさに落ち込みました。

 夜は別の友人と夕食。
彼女も腎臓の数値が悪くて、これ以上悪くなると人工透析が必要になると
医師に言われ、食事療法をしてたのだけれど、やりすぎてナトリウム不足になり
緊急入院したといいます。但し、その後、病院を変わったら、医師の接し方が
まったく違って、気が楽になり体調もよくなったとのこと。
一時は落ち込んで家族にも迷惑をかけたけど、今は元気って。

この日は命について色々考えさせられました。

 さて翌日。
島出身の人が島で初のお蕎麦屋さんを開店したので、一度行かねばと
食べに行きました。
普段は土曜のみの開店ですが、お盆だけ日曜もやってしました。
夏場はお蕎麦とかき氷のみですが、もう少ししたらピザも出る模様。
お蕎麦はこしがあって、とっても美味しかったです。
Photo

 みんなに島に来てもらって島の良さを知ってもらいたいという気持ちからの
開店なのかなと勝手に思っています。
ついてきた奥さんもえらい。
子供さんたちもみんなが生き生きとしているのが羨ましくもありました。

みんな前を向いて頑張って生きているね。見習わなくてはsign01

2016年8月15日 (月)

SMAP解散がショック過ぎて、毒を吐くよ

 ついにこの日が来ましたか。
あのね、まだ考えがまとまっていません。でも、あくまで私見だけど、
思ったことを書かないと、どよーんとしたままで私自身が前に進めない。
毒をはくかもしれないし、誰かに無礼なことを言うかもしれない。
あんなこと書かなければ良かったと後悔するかもしれないけど、お付き合い下さい。

 SMAPはベタベタした関係でもないし、仲良しこよしを売りにしている
グループでもない。
リーダー中居さんが、「メンバー同士で仲良くなりすぎると甘えが出て、
仕事に影響するから、メンバーとはあまり仲良くしないようにしている」と
ずいぶん前に語っていた。
それでも、五人寄ると強力なパワーを発揮するし、
一人一人の個性が際立っているのに、バランスがとれている
類まれなグループだと私は思っている。
だけど、最初からそうだったわけではない。
能力の高いチーフマネージャー飯島女史が彼らを育て、
彼らも必死で彼女に与えられた仕事をしてきたからこそ
国民的スーパーグループと言われるまでに成長したのだ。
飯島女史は、私生活でも常に彼らに寄り添ってきた。
 一例をあげれば、中居君のお父上が入院した時も、病院の手配や
外出時の車の手配もし、タモリさんたちがお見舞いに行った日は
病室にいて対応したという。
ということは、ほかの四人にもここというところで力を貸してきたと想像できる。

 SMAPはここ数年、特に昨年は、子羊にさんざん嫌がらせをされてきた。
ジャニーズにいてこれほど妨害をされるのなら、独立しても同じではないか。
と、一ファンの私でさえ思うのだから、飯島女史も考えたのだろう。
一部マスコミが書きたてているように、驕りからの行動ではないと思う。
が、メンバーの一人が羊母子に懐柔された。唯一その可能性がある男だ。
しかし、人にはそれぞれ生き方考え方があるのだから、それはそれで仕方ない。
私がメンバーの中で唯一あまり好きではない人だけど、
その選択を批判するつもりもない。
ただ、中居君だったら絶対にあちらにはつかないけどね。
彼は自分ありきのものの考え方をしないし、下三人を常に気にかけているから。
結局遠回しに批判してるのか? いやいや、片や家族を守ろうとし、
もう片方は、飯島女史、下三人、SMAPそのものを守ろうとしただけ。

 とにかく、この一人の別行動がメンバーの関係に亀裂を生んだ。
加えて、飯島女史を追い出し、SMAPを追いつめ、調子に乗りすぎた
羊母子にやらされた屈辱の謝罪放送が追い打ちをかけた。
あの謝罪は彼女らの思惑とは違い、四人にとって追い風になったとはいえ、
四人の気持ちはボロボロにされた。
おまけに事務所には飯島女史ほど彼らのために動いてくれる人はいない。
ジャニーズに残った意味があるのか? と、見ていて思った。

 一度は解散を覚悟したが、首の皮一枚でつながったことで、
中居さんはSMAP存続のために一生懸命頑張ったと思う。
慎吾を熊本の炊き出しに連れて行ったのも、考えがあってのことだろう。
だけど、一度切れた慎吾の気持ちは元には戻らなかった。

かつて「笑っていいとも」のファイナルで「笑ってなんかいられない時もあって
それでも、いいともに来ると皆が笑ってて…。」と泣きながら言った慎吾。
辛いこと悲しいことがあっても、常にテレビを見る人に笑顔を届けてきた慎吾が、
もう無理と思ったのだから、これは受け入れるしかない。
と、中居君も思ったのかな。

 ということで、SMAPのメンバーはだれ一人悪くない。
いくら事務所がメンバーのせいにしようとしてもファンは誰も信じない。
 目の上のたんこぶが解散したからといって、彼らの功績をなかったことに
したら(あの母子はしそうだけど)ファンは許さないからね。
個人でも稼ぎがある五人だから、しっかりマネージメントしてよ。
万一子羊が担当したら、逆に潰れたりして…。
いや、五人ともそれなりにスキルがあるから大丈夫だろう。
だから、飼い殺しになんてしないでね。
後一年、ファンは事務所の仕事ぶりを監視してるよ。
マスコミにねつ造記事を書かせて流れを変えようとしても、今の時代
そう簡単に世間を欺けないことにそろそろ気づこうね。

 いかんいかん、事務所への怒りがだんだんこみあげてきた。
とにかく、後一年は契約があるから、四人にはその間踏ん張ってほしい。
そうしながら、移籍先を探してね。その泥船早く降りた方が良いよ。
でも、中居さんは義理堅いから、船が沈むまで乗ってるかも…。
心配だなあ。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »