2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

他のアカウント

« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年6月21日 (火)

私の一週間

 先々週、コンタクトレンズを装着したと思って、手を洗いためていた水を流し、
リビングまで歩いて行ってふと、片目しかよく見えないことに気づいた。
つまり、入っていないのに水に流してしまったのだ。
月曜日に広島までコンタクトを買いに行った。予定外の出費weep
でも、久々の広島。もうね、呉に慣れてるから広島で都会に出てきた~って感じ。
百貨店があるよ~。呉にもあるけれど規模が小さいの。
慣れない店だし、広くてどこに何があるかわからない。
結局、紅茶だけ買ってそそくさと帰ってきた。情けないcatface

火曜日、プールが清掃のため一週間休館なので、いつものアクアビクスはお休み。
その代わり、先生がプール近くで「バレトン」の体験教室をしてくれた。
「バレトン」とは、フィットネスとバレエとヨガを取り入れた有酸素運動。
飛んだり跳ねたり激しい運動は一切しないのに、汗だくになった。
色々と新しい運動が出てくるものだね。

水曜日は内緒。

木曜日は、音訳の講習会を受けに広島へ。
ただ、書いてあることを読むだけでは伝わらない。
視覚障碍者が聞いてわかるかどうかを常に意識することを学んだ。
「情報は伝えてなんぼですよ」と大阪出身の講師の方が何度も言っていた。
「~してなんぼ」って、標準語に直すと何て言うのかな?

金曜日は何もなし。

土曜日は、午前中はいつも通りジムにて運動。
今回はインナーマッスルを鍛える運動を少しした。汗だくに。
バレトンといい、どうやらインナーマッスルを鍛えると汗が出るようだ。
夜は、毎月恒例の下蒲刈島でのギャラリーコンサート。
Dsc00760

この日はサントリーホールアソシエイトの原敬さんが最初に少し挨拶をされた。
開口一番「みなさん、今日もカープが勝ちました。逆転さよならホームランです。」
客席は大歓声happy01
その後、蒲刈の文化活動が、サントリー地域文化賞を受賞したとの報告があった。
世界的レベルの音楽家の演奏が1500円という破格の料金で聴ける。
また、音楽家たちに果物などの差し入れをしたり、手料理でもてなしたり、
ミカン狩りや魚釣りに誘ったりと島民の影の力が大きいという。
そんな蒲刈島にぜひ来てみたいとのことで、会場にいたサントリー文化財団の
理事長夫妻、理事、選考委員等々関係者の方々の紹介もあった。

ファゴットがメインの演奏を初めて聴いた。このコンサートでは色んな初体験を
させてもらっている。
そして、帰り道はいつも、贅沢な時間を過ごせた幸福感に浸れるのだ。

2016年6月 2日 (木)

分け目を変えてみた

 先日、あるテレビ番組で、顔の口角が上がっているほうから髪を分けると
若々しく見えると言っていた。
私の左目は一重瞼で、コンタクトを入れていると、
風が吹いただけでもうっすら涙目になる。
そのせいで、右目より左目のほうが少し下がり気味で老けた感じがする。
口角も右のほうが上がり気味だ。なのに私は左から髪を分けている。
この歳になると、マッサージも大した効果があると思えない。
こうなったら、分け目を変えるのも一つの手だろう。

 昨日、美容院に行って「分け目を変えたらおかしいかなぁ?」と訊いてみた。
「どうして?」と訊かれたので、テレビの話をすると、
「ほんとは分け目は時々変えたほうがいいんですよ、髪もふんわりするし。
いきなり左右を変えるだけでなく、少しずつ真ん中よりに変えてもいいんですよ。」と
美容師は、若く見えるかどうかはうまくスルーしつつ、分け目変更に賛成した。

 慣れるまでは、右から左に流れるように前髪をなでつけるようにと言われた。
前髪をなでつけるなんぞ、あまり経験がない。掻き上げるほうが多い。
髪をなでつけている男性を見ると、(男のくせに髪ばかり触ってるんじゃない!)と
思ってしまう質だ。
だが、分け目を変えた髪は、こまめになでないとすぐに元に戻ろうとする。
分け目を変えるって結構大変だ。

 しかも、いざ変えてみると左右の生え際が違うのか、髪の流れのせいか
どうにもしっくりこない。鏡を見るたびに後悔する。

 そうだ、夫は異変に気が付くだろうか。
夫の帰宅がいつになく(もとい、いつにもまして)楽しみになってきた。
帰宅した夫は、私と言葉を交わすがなかなかこちらを見ない。
着替えを済ませ、ベランダのメダカに餌をやりに行った。
ベランダから部屋に入ってくる夫と目が合ったので、じっと見つめてみた。
夫は、「なんや、なんで今、じとーっと俺の顔を見たんや」と、怯えたように言う。
何ゆえ怯える? 思わず笑ってしまった。
すると、夫はますます「なんや、なんや」としつこく聞いてくる。
こわーい奥さんがじっと自分の顔を見て不敵な笑みを浮かべたのだから
気になって仕方ないのだろうbleah

 結局、夫は何も気づかなかった。
種明かしをすると、「テレビで見たのを早速実践したんか」と笑い転げている。
ということは、自分で思うほど違和感がないということだ。
が、本来の目的の若く見えるという効果が表れているかどうかは
いまだはっきりしない。
次に会うのは、音訳仲間か、体操仲間か?
だーれも気づかなかったりしてhappy01
まあ、あまり期待しないでおくとしよう。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »