2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

他のアカウント

« 屋外でランチ | トップページ | 分け目を変えてみた »

2016年4月28日 (木)

目まい

 先日、自宅で音訳作業中のこと。
少し読んでは聞き直して、間やアクセント、イントネーション、
読み間違いのチェックをする。これが読むより数倍の時間がかかる。
その先を少し読んで、声が慣れたところで前にチェックした部分の読み直しをする。
そしてまた、新たに読んだ場所のチェック。その繰り返しが音訳作業である。

 ゴールデンウィークはこの作業が出来ないので、今のうちにやってしまおうと
少し頑張りすぎたのかもしれない。途中で、頭がふらっとした。
あれ、おかしい…。すぐにヘッドフォンをはずし、椅子から降りて床に座り込む。
一番に頭に浮かんだのは脳梗塞の心配。
呂律は大丈夫か? 「さしすせそ」「ぱらぴりぷるぺれぽろ」
「新進シャンソン歌手の新春シャンソンショー」などと言ってみる。大丈夫そうだ。
手に力が入るか? ぎゅっと握ってみる。握れている気がする。
テーブルにあったマグカップを軽く持ってみる。 落ちない。
メニエールか? 肩こりでめまいがしたという知り合いがいたっけ。そっちか?
少し頭を動かすだけで、ふらっとする。仕方なく横になってじーっとしていた。

 帰宅した夫に話すと、夕食用に惣菜を買いに行ってくれた。
が、電子レンジの前で、「これどうやるんやった?」と言っているcoldsweats02
前に母の看病で実家に帰る時、紙に書いて渡したことがあったのにぃ…と思ったが、
この年になると、一度聞いただけでは日にちが経つと忘れることが多々あるものだ。
ふらりふらりと台所に入り説明する。夫はちょっと恥ずかしそう。

 めまいが少しましになったので、その間にトイレに行ったり、歯を磨いたり。
調子に乗ってパソコンを覗き込んだら、またふらーっとした。
そこから先は… 横になっても天井が回っている。少し動こうとしてもくらっとして
気持ちが悪い。吐き気までしてきた。その日はそのまま這うようにして
夫が敷いてくれた布団に入った。

 翌朝、前日の夜よりはよかったのだが、歩こうとすればよろけるので、
夫に病院に連れて行ってもらった。総合受付で何科に行けばよいか訊ねると
まずは耳鼻咽喉科と言われた。
酔っぱらいのようにふらふら歩く私をみんなが見ている。
診察時、やはり最初に脳梗塞を疑うのか「呂律は回るか、手はしびれてないか、
食べ物が飲み込みにくくなかったか」などを訊かれた。
その後は、聴力検査やふらつきの検査など様々な検査をした。
実はこの時は調子がよかったのだが、検査が終わるとどっと疲れて
目まいがひどくなった。
再び診察室に入って説明を受けたが、耳鼻科的には特に問題がないという。
結局、自律神経を整える薬と目まいを軽減する薬を二週間飲んでみて
良くならなかったら脳のMRIを受けてみましょうということになった。

 今日で四日目。だいぶ調子が良いが、まだ本調子ではない。
プールに行きたかったなあ。音訳仕上げたかったなあ。でも、仕方ない。
健康のありがたみをつくづく感じた。

 で、このまま意識がなくなったりしたら…とか、入院したら…とか考えましたよ。
電子レンジの使い方を知らない夫。大事なものがどこにあるかわからないよね。
子供たちは離れて住んでいるから余計わからないだろう。
私の母は大事なもののしまい場所を私と弟に話してくれていたが、
そんな余裕がなく、急に何かあったら恐らく私たちは途方に暮れていただろう。

 エンディングノートを作っておくかな。年齢的にはまだ早いかも知れないけど
いつ何があるかわからない年齢でもあるし。
そんなことを考えるくらい、今回の目まいには参った。焦った。

 土曜日に、中居君が司会の「終活」について考える番組があるので
(目まいがなくても観る予定だったけど)
心して姿勢を正して観ようかなと思っている。

« 屋外でランチ | トップページ | 分け目を変えてみた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

それは気持ちの悪いことやったね。
お察しします。

私も去年、吐き気を伴うほどのめまいに襲われ
動けなくなりました。
夫がすぐにかかりつけ医に連れて行ってくれて
点滴をして、薬をもらって
その日1日寝てました。
幸い、翌日にはすっかり良くなりましたが
めまいがこんなにしんどいものだと
思い知らされました。

それからは時々、ふら〜っとするときがあるけど
一時的なもので、今に至っています。

何なんやろねえ。
年のせいで片付けてしまうのもどうかと思うけど
多分、知らないうちに疲れが溜まってるんやろね。

新しい経験を無駄にせず
自分の身体の声をしっかり聞くようにせんとあかんなあと
思ったりしておりますbleah

日記 みてビックリ!! 無理しないでね~


私も 10年くらい前になりました~
頭動かすとぐるぐるまわる たぶん目から来てると思います…

疲れている知らせだから 安静にね…

私も 今回の病気になり エンディンクノート 書きました

家族が何も判らないと困るものね~

お陰で へそくりも バレたけど(笑)

主人は料理意外 家事をこなせるようになりました♪

歳と共に 夫婦で寄り添って 暮らすしかないですね

お大事にね♪

うえちん、
あなたも経験があったのね。
その時の注射と薬はどういうものだったのかしら?
私はすっかり良くなるまで数日かかったわ。
ほんま、なんやろね。
母が脳梗塞になってから亡くなるまでが、あれよあれよという間で、思いがけない病気が次々出てきて…。
そんなことがあったから、余計あれこれ考えてしまったわ。
自分の身体の声を聞くってよく言われるけど、普段は完全に忘れてて、こういう時に心しなければと思うのよね。

まりーさん、
あなたも経験者でしたか。
思い起こせば目を使いすぎてたなあという気がします。
私は初めての経験だったので、焦りまくりましたが、
結構色んな方から経験談と原因を聞き、
目まいごときで、うろたえていたのが恥ずかしくなりました。
でも、いつ何があるかわからないのは確かですよね。
エンディングノート作成と夫の家事教育を徐々にしていかなくちゃね。

タイトル見てヒッチコックの映画の話かと思った。
結局原因は、よく分からないんやね。
歳取るといろいろあるよね。
夜別々に寝る熟年夫婦が多いそうやけど、
なるべく一緒にいた方が絶対いいよね。
常にお互いを気遣うという意味では。

MASAKAZUさん
映画じゃなくて申し訳ない。
原因はわからないけど、良くなりました。
薬も飲むのをやめてみましたが、好調です。
昨日、今日とジムで軽い運動をしました。

うちは同じ部屋で寝ていますが、
私は朝までぐっすりなので、夫に異変があってもすぐには気づかないかも。
でも、別の部屋にいるより気づくのは早いよね。
今回のことで、お互い健康に気を付けて、
少しでも長く寄り添いながら生きていきたいものだと思いました。

お久しぶりです。
体調も落ち着かれたようでよかったですね。
うちの夫、家の細かい用事や近所付き合いは私の担当と思っているようで・・・。coldsweats01
数年前、友人が入院した時、私も彼女の話を参考にファイルを作りました。
保険や、銀行口座、公共料金支払い~分別ごみまで。
何かあったらこれを見てねと伝えたけど、ファイルがどこにしまってあるかきっと忘れてると思うなぁ。
万が一のことに備えつつも、末長く穏やかに過ごせますようにheart04

以前やたら左半身だけがだるく何となく頭も重いし
指輪をしているのもしんどくなったことがあります。
病院に行かなあかんかなあと思っていたら
たまたま遊びに来た近所の友人が
「肩こりちゃう?私、もんであげる!上手やから!」と
すごいチカラでもんでくれたけど、よほど凝っていたのか気持ちいいばかりで、
そのうち、あらま!とびっくりするくらいスッキリ治りました。
肩がこってる自覚はなかったんですが・・・coldsweats01

HARUさん、肩こりとかはダイジョウブですか?
とりあえずよくなったとはいえ
油断大敵!無理しないでくださいね。

マエ☆さん
ありがとうございます。
すっかり良くなりました。
以前エンディングノートを書きかけたことがあったのですが、
どこにしまおうと思い悩みまして、
しまい込むとどこにあるかわからなくなりそうだし、
わかりやすい場所だと
泥棒でも入った時に大事な情報をすっかり盗まれてしまうし…。
結局途中になってしまったので、今回はしっかり書いておこうと思いました。
いざという時の準備も大事ですが、
おっしゃる通り末永く穏やかに過ごせることがなによりですね。

wadachiさん
そうなのよ~、私は肩こりがひどいのよ。
今回のも目からくる肩こりじゃないかと思ってます。
音訳作業に必死になりすぎたかも。
あなたもパソコン作業が多いのでしょう?
お互い気を付けましょうね。
ご心配頂きありがとう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 屋外でランチ | トップページ | 分け目を変えてみた »