2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

他のアカウント

« 2015年5月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月21日 (月)

至福の時間

 瀬戸内海にはしまなみ海道だけでなく、とびしま海道というのがあります。
その中の下蒲刈島というところは文化施設が非常に充実しています。
中でも蘭島閣美術館で月一回開催されるギャラリーコンサートが実に素晴らしい。
私は最初、失礼ながら、こんな田舎の小さな美術館のホールでのコンサートって
そんなに大したことないのかなと思っておりました。

 八月のある日、ご夫婦でこのコンサートの会の会員になっている音訳のお友達から
「主人が行けなくなって、チケットが一枚余るからいらっしゃらない?」と
お誘いを受けました。「よかったらご主人もご一緒に」
実際私一人で運転して行く自信もないので、夫婦で行きました。
その日は亀山勝子、法男ご夫妻のソプラノ&ピアノ
お話しが上手で、親しみやすく、尚且つ生の歌をあんなに間近で聴けて
これで1500円とは随分得した気分でした。

 その後も続けて行きたいところでしたが、ちょうど神戸に行く日だったり、
夫の腰の調子が悪かったりで欠席し、一昨日久々に行きました。

 今回は「180回記念」(つまり15年続いている)ということで、
コンサートの前サントリーホールアソシエイト原武氏の講演会があり、
コンサートはサントリーホール館長の堤剛氏のチェロ、
小山実稚恵さんのピアノ

 ギャラリーコンサート始まって以来の入場者数だったそうです。
チケットを購入(年間会員は交換)する時に、プログラムと靴を入れる袋を受け取ります。
この日は寒かったので、ホッカイロももらいました。
5時15分の開場ですが、4時半から並びました。
いざ開場。靴を袋に入れ中に入ると座布団を手渡され、椅子に座布団を置いて
席を確保したら、開演まで館内に展示された絵画を見に行けます。
椅子の数などざっとみたところ200人余りいたのではないかと思われます。
私たちは前から二番目に座れました。

 そもそもステージというのも、客席よりも30センチほど高いだけ。
そこにピアノが置いてあり、その前でチェロの演奏をされるので、
ものすごく間近で聴くというか、見ることが出来ました。
チェロを愛でるように、恍惚とした表情で弾かれていますが、
体力もいるのでしょう。汗がにじみ、激しい息遣いも聞こえてきます。
コンサートホールなら一番前でもこういう息遣いは聞こえないだろうなと思いました。
ご本人も、「お客様がこんなに近いのは初めてです。
ステージの高さもいつもは2メートル位。
30センチというのは、私の中でもギネスものです」と語られていました。
最前列は、早くから並んでその席を確保したそれこそ好きで好きでたまらない人たち。
目と鼻の先で素晴らしい演奏をされているので
だんだん前のめりになっていくからか、堤氏は少しずつ椅子をずらして
ピアノにくっつきそうなくらい後ろに下がられてたそうです。

 原氏は、「この方の演奏をこんなに間近で聴けるのは、
天皇陛下やご皇室の方々だけですよ。」と言われてましたが、
恐らく、天皇陛下もあそこまで近くではお聴きにならないだろうと思います。

 8月に1500円で得した気分だと思いましたが、今回は得というより
その場にいることが出来て、何て幸せなんだろうという気持ちでした。
Photo

コンサートの後も実はお楽しみがありましてlovely
橋を渡った隣の島、上蒲刈島にコンサートに誘ってくれたお友達の家があります。
彼女のご主人は天体観測が趣味の方で、ご自宅に展望台を作られたほど。
コンサートの後に星を見せてくださるというのでお邪魔しました。
月の表面、最近名前がついた惑星アマテルの母星(?)、オリオンの中の小さい星
等々、初めて見るものばかりmistmoon1
ご主人は楽しくて仕方がないという感じで、たくさん説明してくださいました。

 この日は初めての体験ばかりで、少し興奮もし心が癒されもした一日でした。

2015年12月17日 (木)

夫の出張

 ほぼ7か月ぶりの更新です。
あまりに更新がないので、先日友人から「何かあったのか?元気なのか?」と
電話がありました。
ブログを書かないからと心配してくれる人がいるとは、嬉しい限りです。
そして、非常に申し訳なくもあります。
だって、特に何があったわけでもなく、かといって、ブログに書くようなことが
何もなかったわけでもなく、ただただ文章をまとめる集中力がなかっただけでしてcoldsweats02
久しぶりに書くとなると、ええこと書かなあかんかなと意識して、面倒臭くなるというね。
まあ、私ごときがええことを書くなんて無理だと開き直ることにします。

 先週の金曜日から、夫が久々に二泊三日で出張に行きました。
まず、思ったことは二日も晩御飯を作らなくてすむ~ということ。
夜は何をして過ごそうかな? 心ひそかに楽しみにしておりました。

 いよいよ金曜日。いつも通り掃除、洗濯、買い物、ネットサーフィン、
そして、音訳録音したもののチェック。これが気になって仕方ない。
読み間違いはもちろんのこと、アクセント、声の高さ、抑揚、間、文の繋がり等々。
どうしても気に入らない。
そうこうしていると、夕食の時間に。昨日のおでんで済ます。

 で、また音訳チェック。11時15分、毎週楽しみに観ていた「サムライ先生」の
最終回を見て、そのままついているテレビをだらだら観、1時を過ぎて就寝。
何となくむなしさを感じる。何だろうなあ、夜だから?

 土日の午前中はほぼ毎回、ジムに行ってティラピス、ヨガ、ズンバなどの
簡単レッスンを受けている。いつもは運転の練習のため、私が運転して行き
助手席に乗っていた夫が運転してゴルフの練習に行く。
レッスンが終わったら私は電車で帰るというのが、いつものパターン。
が、今回は往復とも電車に乗らないといけない。
車で行けばって? 駐車場にとめる自信がないのよcoldsweats01 夫の有難みを少し感じた。
ジムの帰りに呉に唯一ある百貨店「福屋」に立ち寄る。
とっても狭いので、あっという間にウインドーショッピングが終わり、
駅の反対側にあるショッピングセンターにも行ったけど、特に買うものがない。
和菓子かケーキを買おうかな~、一人だから一個、二個買ってもなあ~
結局何も買わず帰宅。
家では、またまたネットをしたり、テレビを観たり、音訳に頭を悩ましたり…。
午後九時からつよぽんの「スペシャリスト」「スマステーション」を観たらもう寝る時間。

 あれあれ? 思ったほど楽しい時間じゃないなあ。
夕食を二回作らなくてよかった以外はなーんにもなかった。
ディナーの美味しいお店が近所にないし…。
いやいや、そういうことではないね。
結局家に一人でいるって面白くないんだね。
夫がいたからって、毎日アハハアハハと笑って過ごしているわけではないし、
時には鬱陶しかったり、文句を言ったりしているのだけど。

 翌日予定より早く帰った夫は、東京の百貨店で人が並んでいたので
買ってみたというお菓子を手にしていた。
『N.Y.キャラメルサンド』って人気のお菓子なのかしらん?
「コーヒーを淹れてくれぃ、食べてみよう」
いつもの生活が始まった。

 書き終えてみると、これは立派なのろけ話ですなあ。
いや、お恥ずかしいsmile

« 2015年5月 | トップページ | 2016年1月 »