2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

他のアカウント

« 2015年4月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年5月25日 (月)

映画二作品

 随分久しぶりの更新ですが、元気でおります。
実は音訳で録音図書と校正を安請け合いしまして…。
さっさととりかかればよいものを、風邪を引いて声が枯れ、
その後鼻声になったかと思えば口内炎が出来て…読めない。
それなら校正をすればよいものを、結構調べることが続くと面倒になり…。
その間、ゴールデンウイークのこと、呉散策のこと、中居さんのお父上が
亡くなったことなどブログの材料には事欠かなかったけれど、
ブログを書く時間があるなら、この二つの課題を先に片付けなければと思い、
そのくせやらないといった日々を送っておりました。

 ソフトバンクのお父さん犬の「締め切り迫る~~♪」の声に気分が沈むという
末期的状況になり、締切ぎりぎりに校正が終了しました。
お尻に火がつかないとやらない性格は、六十歳を過ぎても変わりません。
録音は今のところ自分で校正しておりますが、ミスが多すぎて
もう一回読み直すことを検討中です。
だからね、あまり気持ちの余裕はないのだけど、
昨日観た映画にあまりにもがっかりさせられたので、
腹立ちまぎれにブログを書いちゃうぞ~と思った次第であります。

 その前に先週公開初日に観に行った「駆け込み女と駆け出し男」。
これは、面白かったです。
大泉洋さんは、前にも「探偵はbarにいる」の感想で絶賛しましたが、
今回も素晴らしかったです。
彼の纏っている空気感が実にいい。
重いシーンでも彼がそこにいるだけで妙に安心する。
真剣な演技の時には、ほろっとさせられることもある。
変幻自在というか、器用な役者さんだと思います。

この映画では満島ひかりも良かったです。
「一命」という残酷映画では、彼女の演技が上手すぎて暗い嫌な気分になり、
演技が上手いのも良し悪しだなあと思ったこともありましたが、
今回はしっくり嵌っておりました。

観終わって気持ちがほっこりする良い映画でした。

 で、この時映画館で流れた予告で「面白そう~」と思ったのが、
「イニシェーションラブ」
ラスト五分で大どんでん返しがあるんだよ。あなたは必ず二度観るんだよ。
というわけで、昨日行きました。
「まだ、観ていない人に内容を話さないで下さい」って、何が起こるの?わくわくup

最後、これがどんでん返し?私は何のために主役の女性の甲高い
甘ったれた声(わざとだろうけど)を我慢して聞いていたのか?
「お金と時間を返せ」とね、言いたくなりましたよ。
前にもこんな気持ちになった映画が…。あれはなんだったか?
そうそう、「黒執事」
まあ、それはともかくすっかり宣伝文句に騙されました。
先週の「駆け込み女と~」が良かったから調子に乗ってしまったなあ
これからはある程度調べて行かなきゃと反省したことです。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年12月 »