2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

« 虹を追いかけて | トップページ | 三連休のご報告 »

2013年7月11日 (木)

絹かわなすを学ぶ

 今までJAなるものとは無縁で関心もなかったのだけど、
西条に来て、随分とお世話になっている。

 以前にも書いた自宅から自転車で五分くらいで行ける温泉「武丈の湯」は
JA西条の健康増進施設である。
その同じ敷地内に「ときめき水都市」武丈店があり、地元の野菜を安く提供している。
本店はちょっと距離があるので(頑張れば自転車で行けなくもないけど)
土曜か日曜に夫の車で出かけることにしている。
本店の方が広くて品数も豊富なもので、「あっ、こんなのもある。これがこんなに安い!」といった具合に夫婦共々ついつい買いすぎてしまう。
安いから行ってるのに、こんなに買いこんで果たして家計節約になっているのか?
甚だ疑問ではあるが、目新しいものを買うことで夕飯の献立がマンネリにならなくて
すんでいるので良しとする。

 さて、先日は今の季節に柿のようなものを発見し、近づいてみるとトマトだった。
じっと見ていると、全く知らないおばさんが、「それトマトよ」と教えてくれた。
「柿みたいな色ですねぇ」
「柿みたいやろ?」おばさんは満足そうにうなずく。
「美味しいのかなぁ?」
これは独り言だったのだけど、おばさんは律儀に答えようとしてくれる。
が、「まあ、酸っぱくて甘い…」後はごにょごにょ言って立ち去った。
むむ、大して美味しくもないのかもしれない。
でも、自分で食べてみないとわからないので買ってみた。
Dsc00386
食べてみると普通のトマト。しかも、少し熟れ気味。
色で楽しませてもらった。「桃太郎ゴールド」というらしい。

 この水都市で今が旬らしくたくさん置いてあるのが「絹かわなす」
一度買ったことがあるが、いまいち料理の仕方がわからない。
「打ち水で育った優しい味」らしいが…。

 そんな時JA西条主催のクッキング教室で「絹かわなすとメロンを使った
スイーツ教室」が開かれるのを知った。
早速申込み、昨日行ってきた。場所は壬生川駅前の「食の創造館」二階。
定員30名のところ、12名の参加。
しかも、人数が足りないので頼まれて来たなどという声がちらほら聞こえた。
せっかく素晴らしい施設があるのにもったいない話だ。

 教えてもらったのは、「絹皮なすのブラマンジェ」と「絹皮なすのガレット」
とはいっても、ブラマンジェに入れる絹皮なすのコンポートはすでに出来ているし、
ガレットのパン生地も一次発酵をすませ、丸めてベンチタイムもすんだものを
人数分渡され、成型した後、仕上げ発酵は先生にお任せ。
その後のトッピングの「絹皮なすのキャラメリーゼ」と「絹皮なすのオリーブ炒め」も
用意してあったものを乗っけるだけ。

 ほとんど料理らしいことはしなかったが、絹皮なすの特徴がよくわかった。
普通のなすではコンポートは無理だろう。イチジクのコンポートに似た味がした。

 試食では、ガレットとブラマンジェ以外に、全く作ってないベーコンとなすと
いんげんのスープ。なすときゅうりの塩もみが乗ったサラダ。なすのコンポートを
添えたアイス。メロンとコーヒーを頂いた。
メロンを使ったスイーツだったはずなのに、そのまま出てきたのには笑った。
携帯を忘れたので写真はなし。同じテーブルの人が写メを撮りながら
「自分で作ったのがほとんどないね。」と苦笑していた。

 帰宅後、前に買っていた絹皮なすを夕食に使うことにした。
今日の中で使えそうなのは、スープだわと作り始めたが、なにぶん一個が大きい。
残りをラップして置いておくというわけにもいかない。
幾ら絹皮なすがほかのなすと違うと言っても、やっぱりなすはなすだからねぇ。
油で揚げることも考えたが、絹皮なすのソーメンにした。
Dsc00390
ソーメンにすると、絹皮なすの柔らかさが際立つ感じがした。
しかも、普通のソーメンよりお腹が膨れる。
ちょっと品数が少ないなぁと思ったけど、お腹いっぱいになった。

※スープカップが異様に大きく写っているが、これは普通サイズのスープカップ。
 お皿の目玉焼きの下にはハンバーグが隠れている。
 その横の得体のしれない物体は、前日の残りのズッキーニとジャガイモの
 トマト炒めにチーズを乗せて焼いたもの。

« 虹を追いかけて | トップページ | 三連休のご報告 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

絹皮なすってどれだけ大きいんだろ?

変化に富んだ献立で脱帽です

何度かお邪魔させてもらってるけど HARUさんのお料理は手が込んでるもんね

なすのソーメンも知らない

このところの私の献立はめちゃ貧相です

きぬかわナスを使ったお菓子...想像してみたけれど、味のイメージがわいてこないわ。普通のナスしか食べたことがないから仕方がないよね。

それにしても料理教室の参加者が定員割れなんてもったいない!
時間の都合で実習できなくても、珍しい料理を教えてもらって、味見できるなんてありがたいものcafe

うえちん
絹皮なすは一個が普通のなすの三、四個くらいの大きさかな。
ソーメンは絹皮なすだから成立するのかもしれません。
とぅるんと喉を通って行きます。

私も最近献立に苦慮しています。
この日もどうにも思いつかなくて、久しぶりのハンバーグになってしまいましたcoldsweats02

マエ☆さん
絹皮なすは、水分が多くて柔らかいんです。
皮も薄いのですよ。

コンポートはイチジクのコンポートに近かったです。
ソーメンは細く切って片栗粉をまぶして熱湯でゆがき
冷水にとりました。

年配の方はスイーツに興味がないし、私の年齢より若い人は
働いているから人が少ないのかなぁ?

こんなに良い企画を考えてくれてるのに
もったいないことですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 虹を追いかけて | トップページ | 三連休のご報告 »