2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

« はじめてのモニター~“カゴメ トマレピ!” | トップページ | 昨日はまたSMAP三昧 »

2010年9月 7日 (火)

SMAP LIVE IN 京セラドーム~We are SMAP

 二年ぶりのライブですnote
今回は、娘とその友達のTちゃん、初参加のわが友Uさんと四人で京セラドーム初日(9月2日)に行ってきました。
 四時半開場、六時半開演。グッズ購入、軽い食事、トイレ(これは長蛇の列が予想される)を考えて、五時にドームに着くようにしました。
 大阪駅では、しきりに「京セラドームへ行かれるお客様は、環状線内回りにて大正駅で下車してください」と放送をしています。電車に乗れば、女性ばかり。しかも姦しいことこの上なし。
この中のどれくらいが大正駅で降りるのかしら?一人で乗ってる同年代の女性。よーく見ると、どこでどうやって手に入れたのか、腕に“we are smap”のシールを貼ってますeye 負けたかもcoldsweats01
 それにしても、若い人もいるけど、年齢層が高い。ま、スマップも年をとり、ファンも年をとって行くから仕方ないのかな。
 ドームに到着し、初心者のUさんに、うちわとペンライトは買わなくてはねと先輩ぶってアドバイス。彼女は木村さん、娘は今回は剛君、私は当然中居さんのふざけたうちわを購入。もうね、彼のまともなうちわは期待しないほうがよいのでしょうね。娘がクリアファイルの中居君がカッコいいよと言うので、それも購入。
P1010486

 ドーム内に入り、マックのバリューセットを買うと、娘が「高いよ!」と不満そう。こういうところは割高なんでしょうね。トイレも予想通り満員で、何とか済ませて着席すると、開演まで後わずか。

 ステージやアリーナを眺めていると、客席の周りを白い布をまとい、地球儀をかぶった人たちが何人もうろうろしています。これは後でダンサーだとわかるのですが、「この中にスマップがいたりして」と娘が言います。「もし、いたとしたら、あの寝そべってる人が中居君よね」「確かに、他の人と違う動作だね」なんて、話していたら、いよいよ始まるということで、地球儀君たちはステージにぞろぞろ上がっていきます。もうすぐだぁ、ドキドキ… 。
 さあ、五人が登場した。でも、ヘルメットで誰が誰だかわからない。つまりは偽者が入っていてもわからないということで…。最初はきゃーと盛り上がりかけた客席が、何か様子が変だと気づきます。スマップと思しき五人はステージ前方の穴に、地球儀君たちに落とされます。なんだ?どういうこと?注目する客席。すると、地球儀の被り物を外し始めた人たちが…。「えっ、もしかして…」「やっぱり?」徐々に「ひぇ~」から「きゃーー」と大歓声に変わり、お祭りの始まり~up
 もう夢中で、身体をふりふり、手をふりふり、気分は最高潮heart02ニューアルバムの曲と過去の代表曲をうまく織り交ぜ、つぎつぎ進みます。『がんばりましょう』はテンションが上がるし、今回のアレンジがなかなか面白くて、私は好きでした。
 メンバーが順にファンに声をかける時、誰とは言いませんが時間をとりすぎて、最後の中居君は時間がなくて、二言で終わりましたcoldsweats02もっと中居君の呼びかけに「イェーイ」と言いたかったわん。

 フリートークで、慎吾君が「皆さん座ってください」と言ってくれた時は、「ありがとう、慎吾」と腰が痛くなってたおばさんは、心から感謝しましたよ。
 今回のコンサートは、慎吾がプロデュースしたから、遠慮したのか、メンバーで話し合ったのか、中居君はトークを進行することなくいつもより大人しくしていました。

 今回の席はスタンドではありましたが、ステージ脇なので、端っこに来てくれると、結構お顔が見えるのです。最初に端に来てくれたのは木村さん。やっぱりカッコいいですよ。思いっきり手を振ってしまいましたhappy01 その次に間近で見られたのは慎吾君。彼はクレーンに乗って、それがまた上に上がった後、客席のほうに近づいてきたので、アイドルスマイルを堪能しました。彼はテレビで見るより、いかつさがなく、アイドルっぽい顔立ちなのですよ。剛君はサービス精神が旺盛で、近くの人にも遠くの人にも精一杯色んな方向に向けて手を振っていました。中居君がクレーンに乗ったとき、これはお顔がばっちり見られると期待したのですが、つよぽんより近い位置に来たはずなのに…。何というのでしょうか。顔は見えるけど、はっきり表情が見えません。娘に「つよぽんの顔ははっきり見えたのにねぇ」と言うと、「つよぽん顔でかいから、アハハ~」と、自分はつよぽんと目が合ったと信じていて、上機嫌で返事をされました。中居君、顔小さいもんなぁweep

 わが友Uさんは、昔の曲をあまり知らないからと、ニューアルバムを購入し、しっかり予習していて、アルバム曲を歌う時は、一緒に歌っていました。素晴らしいgood 対して、私は一回しか予習していなかったので、アルバム曲になるとテンションが少し下がり、昔の曲になると、俄然張り切ってました。

 中居さんのソロコーナー、N.マッピー、つまり中居君の作詞作曲。昨年六月に亡くなったマイケル・ジャクソンを想って作ったとのこと。したがって、ダンスも気合が入っていて、かっこよかったです。一回ころんじゃいましたが、照れ笑いがまた可愛い。まあ、かっこよかろうと、悪かろうと、歌詞を忘れようと、音がはずれようと、何でもええんです。その全てが嬉しい。それがライブの魔法にかかったファンなんです。
 ソロ終盤で、一緒に踊っていた子供たちが一人ずつカメラに手を振り、ステージから降りていくのですが、その一番最後にいる中居君は、どうするのかしら?また、変顔するのか?と思っていたら、あのシャイな人が投げキッスをしたもんだから、さすがに私も「おぉー」っと思った瞬間、斜め後ろの若い中居ファンが「ぎゃあ~~」と大きな悲鳴をあげたので、一瞬の驚きもときめきも全部吹っ飛んでしまいましたcoldsweats01
娘によると、彼女たちは「かっこいい~、めまいがしそう~」とずっと言ってたらしく、曲中の「フッフー」と言う掛け声もばっちり頑張っていたし、悲鳴を上げるべきところでは、しっかり「きゃ~」と言ってたし、ファンのお手本のような娘たちだったそうです。私のような見守り派ファンもいれば、彼女たちのようなファンもいてこそ、アラフォーでもこれだけ盛り上がるコンサートが出来るのでしょう。改めてスマップの底力を感じた次第です。

 『FIVE RESPECT』もN.マッピーの作詞作曲ですが、これはとても盛り上がるんです。一人一人ダンスを披露するのですが、ソロで精根尽きた中居さんは、簡単な同じ動作を繰り返し、娘は大受けしてました。

 『バンバンバカンス』は木村さんの歌いだしなのに、何だか曲に乗り切れてない。「これ、大丈夫?」と思わず娘と顔を見合わせました。
 『ありがとう』も歌いだし、何の歌かわからないくらい音が大外れ。誰か音を元に戻して~と思いながら聴くことに。結局聴く側が、音を探して耳を慣らしていくというね。不思議なコンサートcatface いいんだもん、スマップだからbleah

 ま、そんなこともありつつ、トロッコでバックステージに移動するスマップ。ラッキーさんといって、観客の中で何人か当選した人がステージに上がり、メンバーと交流できます。当然はずれ、指をくわえてみることに。この時、毎回他のメンバーはラッキーさんの肩を抱いたり、手をつないだりとサービスするのですが、中居さんだけはいつもラッキーさんとからまず、ダンサーと一緒に踊っています。これは、彼なりの何らかの考えがあってのことだと思いますが、誤解を招きやすい行動ではあります。でも、最後にラッキーさんがステージを降りるときは、ちゃんと挨拶してました。そのせいで、トロッコに乗るのが遅れそうになり、慌てたりなんぞしてるんですな、これが。

 アリーナを一周して、遠くに座っているファンにもお手振りして(このお手振りという言い方はジャニーズ特有のものらしいですが)大盛り上がりの末、終了。三時間四十五分くらいあったかな。あっという間です。その間、暑さと腰の痛みと戦いつつ頑張りましたよ。『夜空のムコウ』位座ろうよと思いましたが、前の人が立つもんでcoldsweats01
 スマップもさぞかし暑かったろうし、疲れただろうな。剛君は翌日東京で『笑っていいとも』に出演し、大阪にとんぼ返りでコンサートをやり遂げたようです。すごいなぁ。

 帰りの電車に乗った途端、足の裏がとても痛いと気付きました。家までの遠いこと遠いこと。やっとの思いで家にたどり着きました。
 翌日は一日ぼーっとしてましたが、「次のお楽しみをより楽しむために、毎日自分のやるべきことを一生懸命頑張りましょう。」と、いつぞやの中居さんの言葉を思い出しました。ええこと言うね。
私は今無職だけど、自分のするべきことはしっかり頑張るよ~、中居君lovely
こんなおばちゃんにも元気をくれるSMAP(特に中居君)、ばんざ~いgood

« はじめてのモニター~“カゴメ トマレピ!” | トップページ | 昨日はまたSMAP三昧 »

コンサート・舞台」カテゴリの記事

コメント

もう、5日も経った(まだ、5日しか経ってない?)というのに
HARUさんの『魂』込めた臨場感溢れるレポートごっつぁんです(^^)

あの日、姫路駅でバッタリ会った「今から行くねん」とウキウキしていたUも
大満足だったようで・・・

しっかし噂通りの凝った演出なんやねぇ~~
ワクワクドキドキ感が思いっきり伝わってきました♪


なんか今日一日の元気もらった感じです。


HARUさんの中居さんへの慈愛の心にも感動!です(^-^)
どうも彼は誤解されやすいみたいねぇ~~~

彼らはみんな演技が巧いと思っているのだけれど
その中でも中居さんが一番巧いと私はおもってる。

ドラマ『白い影』『砂の器』の彼の「眼の演技」忘れられません(*^^)v


さすがHARUさん 目の付け所がちゃうし 
初心者としたしましては 流れについていくのに必死さ
後ろにそんな強烈な中居くんファンがいることにも気付かなかったわさ

でも唯一悔やまれたのは メガネをいつものシニア用でいったこと
スクリーンに映った可愛い3人の中居くんがぼやけていた・・・・

何度もこっちにきてくれたキムタクの顔も もっとはっきり見えたんじゃなかろうか ということやわ

次回はまた2年後?
できましたら その折もよろしゅうに

ひらめちゃんnote
何回も書き直ししたもんで、アップが遅れました。
パソコンが急に重くなって、休憩しようと放っておいたら、フリーズして、全部消えてたってこともありcatface
まだまだ書きたいことはいっぱいあるけど、まとまらないもので、こんな風になりました。

慈愛の心…。ミーハーのファンと違う深い深い愛を感じました?

『白い影』のときはNN現象といって、中居ファンが一気にふえたからねぇ。
かの佐伯チズさんもその一人で、「歌はいいから、演技をして」と言ってたことがありました。
でも、私は中居君が演技してるときは、何だか気恥ずかしくてcoldsweats01
うまいかどうかは、客観的に見ることが出来ないので何ともいえませんが、小難しい芝居論など語ったりせず、監督さんに言われたとおりにしようとするタイプではありますね

うえちんnote
お疲れ様~
そういえば、メガネが見えにくいって言ってたね
SMAPに夢中で聞き流してたわwink

来年がデビュー二十周年やから、ライブせえへんかなぁと思ってはいるんやけどね
ちょっとわからんね
二年後やったら、中居君は四十歳よ~
今でもあんなにへとへとなのに大丈夫かなぁ

夢のようなひとときだったようですね~
うちわの中居君の写真、笑っちゃいました。
私も今月はコブクロのライブです。
残念ながら小田さんのライブは今年はなし。せっかくファンクラブにまで入ったのに。
来年に期待しているところです。
スマップは来年デビュー20周年になるのですか?
そりゃイベントが目白押しになるのでは?チケット争奪戦となりそうですね。

ところで本日から私のブログでプレ企画をスタートしました。
今回で3回目なのですが、ケークサレというちょっと変わった酒の肴にもなる塩ケーキです。個性的な味ですが、チーズの好きな方には喜ばれるかと。
よかったら応募してくださいね♪

wadachiさんnote
コブクロいいですねぇ
小田さんは、今年はないの?
クリスマスの約束は?

まあ、スマップの場合、聴くコンサートとは明らかに違うんですけどね

塩ケーキ?珍しいですね
プレ企画って何かよくわからないけど、後で覗いてみまーすwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はじめてのモニター~“カゴメ トマレピ!” | トップページ | 昨日はまたSMAP三昧 »