2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

« おつかい | トップページ | 今日のおかず »

2009年8月 8日 (土)

またまた映画をまとめて

 先日、ネットで“アマルフィ”を予約し、映画館に行くとチケット売り場は長蛇の列。
「やっぱりネットで予約するに限るね」と、少しの優越感にひたりつつVITという機械で
チケットを出そうとしたら、何と「購入番号か電話番号が違います」となる。
夫も私も購入番号に間違いはないと思うが、組み合わせを変えてあれこれ試すが、
何をどうやってもうまくいかない。

 早めに着いたのに、上映時間がどんどん近づいてきて、焦りもピークに。
列の整理に必死の係員を捕まえ、事情を説明すると、すぐに調べに行って
入り口で名前を言えば入れるように手配してくれた。
おかげで、何とか席に座ることが出来た。

 だけど、バタバタしたせいで、すぐには気持ちが落ち着かない。
映画って、始まる前に心の準備みたいなものが必要だと思う。
でないと、すんなり映画の中に入って行けない気がする。
準備不足でも、すぐにどっぷり浸かれる映画があったとしたら、
それは良い映画ということかも知れない。

 で、“アマルフィ”はどうかと言うと、すぐに惹き込まれる良い映画であった。
織田裕二は決して二枚目ではないのに、すごくかっこよく見えた。
後半は、歌も素晴らしかったし、イタリアの景色も素敵だった。

 いくら娘のためとはいえ、普通の主婦がいきなりピストルを構えられるのか?と
思わなくもないが…。ジョディ・フォスターよりは現実味があるかもね。
職場の同僚は佐藤浩市の魅力が引き出せてないとご不満の様子だったけど…。

 その前の週に観た“ノウイング”があまりに期待はずれだったので、
余計、“アマルフィ”の出来が良く思えたのかも知れない。
“ノウイング”はねぇ、そういう終わり方?それはないでしょ、って感じ。
途中の展開も不可解で、何だかすっきりしない。見なきゃよかった。
ぼろくそですけど

 その前の週に観たのが“MW”。
書くのをためていたので、だんだん遡ってます
私たち夫婦は、テンポもいいし、よかったと思うのだけど、世間ではそれほど
人気が高くなかったみたい。
玉木宏、クールな殺人者をかっこよく演じていたと思う。
ただ、この人、折角かっこいいのに、喋ると少し鼻にかかった高い声なので、
そこが難点と言えば難点かも…。

 一番最近観たのは“ハリーポッター”
ランキングでは上のほうみたいだけど、今回は迫力に欠ける気がした。
次回に続く感たっぷりで、消化不良気味。

 以上、溜めすぎて書くのをやめようかなとくじけそうになりながら、
書いた映画の感想。
“MW”なんて、もう上映してないし…

 皆さんはどれをご覧になって、どんな感想をお持ちになったでしょう?

« おつかい | トップページ | 今日のおかず »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 東京の単身赴任時はすることがなかったのか、よく休みには映画を見に行ったものですが、京都に帰ってきてからは、車とか電車で行くのが億劫なのか劇場に足を運ぶ機会が減ったみたい。とにかく「見たい!」というようなときめく映画もなかったし、ネットで調べて「フンフン!」と納得したりして、もともと見る映画も偏っていましたから、東京では一人で見に行けたけど、こちらでは嫁さんと一緒ですのでお互いに合わさなくてはなりません。なかなか二人共見たいと合致する作品に当たりません。
 今年見たのは「ターミネーター4」と先週見に行った「サマーウォーズ」ぐらいですかね。
切符売り場で「夫婦でサマーウォーズ 2枚」と言ったら、担当の人が「アニメですがよろしいですか」とのたまいます。「いいですよ」と答えましたが、
「何も知らずに来た50歳超えた年寄り」と思われたみたいです。
勝手に思い込んで、親切で言ったとは思いますが、もうちょっと人を見る目を養う必要がありますな。
私の見に行く映画はほとんど調べてから、意思を持って見に行ってます。
・・・・で「サマーウォーズ」は
・・・・平均点。
映画館に行っての当たり外れは仕方がないことで、
まあー それが又楽しいのですが、
「こいつは面白いのではないか!」と思える映画が近頃私には見つけられないんです。

ムラちゃん

こっちにいた時は結構マニアックなのを観ていたんでしたね。

うちは予告を観て面白そうなのを観に行く感じなので、

予告の作り方がうまい映画にはひっかかってしまいますね。

“ノウイング”は面白そうだったんだけどねぇ…。

初めから期待しないで、まあええか観てみるかという気持ちで観る映画もあります。

そういうのが面白いと得した気分になりますね。

ま、なかなかないけどね

おーーーっと ちょっと気を抜くと更新されてる しかも2つも・・・・

私が見たのは 「アマルフィ」「ハリー・ポッター」
この2本

最初友人から 今私はこの2本が観たいのですが どちらがいい?ときかれ
アマルフィってなんじゃい?とおもい ではハリポタで とお願いしたにもかかわらず
その後からCMでアマルフィの内容を知り
これも観にいきたかったのよねえ とハリポタのときにその友人に言ったら 
だから最初にどっちがいい?って訊いたやん

なんて行き違いがあったにもかかわらす
大雨のおかげで 「アマルフィ」にもいけたという

なんとも長ったらしい前置きですが
私としては「アマルフィ」に軍配

「アマルフィ」が世界遺産のイタリアの都市の名前ということも知らず
映画の中で「ああ そういえばBSで見た記憶がある」なんてね

織田裕二はおっしゃるとおり そんなおっとこまえでもないのに やけにかっこよかったね
ニヒルでさ

私としては佐藤浩市もなかなかよかったと思うのだけれどな

彼は普段はかなり面白いひとみたいね

ということで ハリポタは最終話は2回に分けて上映されるようで 
ここまで観たら これもまた観ないといけないかしらね

お久し振りです。
遅ればせながらブログ4年目突入、オメデトウございます。
東京では自宅にパソコン置いてないので、
会社のパソコンで時折閲覧しております。
書き込みの方は、会社では遠慮してますので、見るだけです。
と言うことで、今は大阪の自宅でキーを叩いてます。
ムラちゃんの言うとおり、東京で一人でいると観る映画も
段々マニアックになります。
表記の作品の中でも、観たのは“ハリポタ”くらい。
これも娘がらみで、一人だとまず映画館へは観に行かないでしょう。
(確かに前作あたりから内容がダークですね)
私のお勧めは、『レスラー』(ミッキー・ローク主演)、『ディア・ドクター』(邦画)。
但し、上映してるとこ少ないですが。
でもつくづく思うのは、東京は色んな映画館があって、
様々な映画を上映していて流石だな、と。
長く住みたくはないですが、その辺はまあまあかな。

うえちん

そうそう、そっと更新してるから、こまめなチェックをお願いしますよ

私も「ハリポタ」は面白くなかろうとなんであろうと

ここまで来たら最後まで観ないといけない気がするよ

まさかずさん

うちの近所は東京と違ってありきたりなというか、
集客力がありそうな映画ばかり上映しているので、
正直物足りない時があります

「レスラー」も「ディア・ドクター」も観たかったけど近くでやってなかったんです

「お・と・な・り」も観たかった~

東京の良いところだけを見て、何とか寂しい単身赴任を乗り越えてください

今度皆ではとバスに乗りましょう

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おつかい | トップページ | 今日のおかず »