2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

よく見るサイト

無料ブログはココログ

« すったもんだの末観て来ましたディパーテッド | トップページ | 贅沢に慣れてませんか? »

2007年1月31日 (水)

かつての憧れの人

 先日、朝いつものようにお化粧をしながらテレビをちらちら見ていると、
その日誕生日の有名人の名前が出た。
「落合恵子 62歳」。。。ええーっ!落合恵子がもう62歳?
若い方には馴染みがない名前かもしれない。もう何年前になるだろう。
計算するのも面倒くさいなぁ。というよりしたくない…。
私が高校生くらいの時、深夜長距離トラックの運転手を対象にしたラジオ放送
「走れ歌謡曲」という番組があった。
その番組の土曜日(だと思う)のパーソナリティが当時文化放送のアナウンサーだった
落合恵子。甘ったるい声で、試験勉強をしている男子学生にも人気があった。
彼女の人気はどんどん上昇し、ついには「スプーン一杯の幸せ」というエッセイ集を
出版、確か歌まで出したと思う。
 でも、私がその頃ファンだったのは、同じ番組の別曜日担当の「兼田みえ子」という
アナウンサーだった。彼女は落合恵子の先輩でもっと大人っぽい雰囲気ながら、
語り口が実に面白い人であった。何枚かレコードも出していて、買った覚えがある。
深夜三時から五時までの非常に遅い時間帯だったので、聞いている友人も少なく、
ましてや彼女の歌を知っている人は周囲にはいなかった。かなりマニアックだったね。
 私は当時アナウンサーになるのが夢で、兼田みえ子を目標にしていた。
ある時、彼女がミニコンサートを開き、その様子を少し番組の中で流した。
それを聞いた後、彼女は「自分の挨拶を今聞いて冷や汗が出た。
先輩諸氏が聞いておられたらと思うと、穴があったら入りたい思いだ」と言う。
何故か?彼女は「たくさんの人」と言ってしまったことを反省していた。「たくさん」と
いうのはものに対して言うのであって、人に対して「たくさん」とは言わないらしいことを、
その時初めて知った。
絶賛するコメントがたくさんあったのに、彼女は自分のそのひと言にこだわり、
かなり落ち込んでいた。そこに兼田みえ子のプロ意識を見た気がした。
今はかなりのベテランアナウンサーでも平気で「たくさんの人」と言っているけどね^^;

 だから私は今のタレント化した女子アナに厳しい。
それでもアナウンサーかぁ!としょっちゅうテレビに突っ込んでいる。
もっと勉強してほしい。知識がない。濶舌が悪い。イントネーションがなってない。
声の張りがない。敬語一つまともに使えない。
それを笑いの種にしているテレビ局もテレビ局だ。

 知性があって、日々精進していて、これぞアナウンサーの中のアナウンサーだと
思える女子アナはもう現われないのか?

 落合恵子さんが62歳だとしたら、その先輩格の兼田みえ子さんは70歳近いのかな?
ネットで調べても近況はつかめない。
かつての憧れの人はその後どういう風に生きたのかなぁ。今はどうしているのだろう。

« すったもんだの末観て来ましたディパーテッド | トップページ | 贅沢に慣れてませんか? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かっこいい!

としかいいようのない内容で・・・

私は落合恵子しかしりません。。。。

HURUさんにLOVEですわ♥♥

こんばんわ
レモンちゃんですね
高校生のころ聞きまくりました。こんなはじまりだったかな、
「深夜の街角にポツンと落ちた一粒のなみだ、レモンちゃんこと落合けいこです」
このあと「口笛天国」のテーマが「走れ歌謡曲」ですね。
けっこううる覚えなんですが、うれしくなって書いちゃいました。

くぅぅ 懐かしいぃぃ!
「走れ歌謡曲」

「落合恵子」  レモンちゃん
「兼田みえ子」 ケンケン
だったよね~(*^_^*)
今もあの頃の顔で覚えているわぁ

って 同世代でも知らない?
うえちん ラジオなんか聴いてなくって
受験勉強一筋やったんやろね
私なんてラジオ一筋やったかも(^^ゞ

ウエチン
この間から褒め殺しですなぁ^^;
何があるんやろ?


ごじさん
レモンちゃんファンだったのですか?
ごじさんもあの甘い声にやられたのですね。


ゆうせいさん
初コメントありがとう♪
「兼田みえこ」知ってるなんて、嬉しいよ~
歌覚えてる?「私もあなたと泣いていい?」とか。
今でも歌えるよ。
でも、カラオケには当然ないのよね、残念。

ラジオの女子アナのビジュアルが気にされるようになったのはこのころからだったでしょうか。
レモンちゃんのグラビアの出てた雑誌を持っていた覚えがあります。

懐しい名前が出てきてびっくり。兼田みえ子さん(愛称:みこタン)は確か1944(昭和19)年の2月11日生れだったから、まだ63歳のはず。「2月11日の手紙 ひとり」っていう歌もありますね。そうか、もうすぐ彼女の誕生日ですね。ちょうど35年前の1973年2月11日は日曜日で彼女の放送日に当っていたので、テープに録音したその日の放送は何度も聴いたものでした。”Only one life and only one chance." という言葉は今でも覚えています。あのテープ、どこにあるんだろう。絶対捨ててはいないんだけど、テープのラベルにタイトルを書いてないから見つけようとしたら絶望的に厖大な時間がかかるだろうなぁ…

立耳巻尾さん☆
初めまして
兼田みえ子さんと、落合恵子さんは、一歳違いだったのですね(^_^;)
そう言われれば、そんな気が…。
何といっても、随分前のことで、私自身の記憶も曖昧になっております。
ほんとは、もっと色んなエピソードを書きたかったのですが、
断片的にしか覚えていないので、書きようもなく…。

私もそのテープを聴いてみたいなぁ。
あの声をもう一度聴きたい。

すみません、送信した瞬間に勘違いに気づきました。あの内容の放送日は34年前の1974年2月10日(日)の間違いでした。ということは誕生日当日ではなくて、誕生日直前の放送だったんですね。みこタンの誕生日にちなんだ放送内容だったので、ついそう思い込んでしまいました。

再びすみません。間違ったデータが一人歩きしてはまずいと思いますので訂正させて下さい。
歌の題名は『2月12日の手紙「ひとり…」』でした。今日ネットでそのレコードのジャケットを見つけて「あっ、ミコタンの誕生日は2月12日だった!」と気づきました(表記も“みこタン”ではなくミコタンだったような気がしています)。1944年生れは間違っていないはずですが、ネットでは確認できませんでした。
あと「走れ!」の担当曜日について、落合さんが日曜日=土曜深夜の時期にミコタンが火曜日=月曜深夜だったのは確かです。その後、落合さんが「セイ!ヤング」に移ってミコタンが日曜日に入ったように思っていたので、昨日は1974年2月10日(日)に訂正しました。ところがその後、とあるサイトの音源で、「今日は8月13日の金曜日」「今年は2月13日と8月13日と、13日の金曜日が2回ある」と彼女自身が番組内で言っているのを聞きました。これが起るのは閏年しか考えられないので、1972年8月の時点ではミコタンは金曜日=木曜深夜の担当だったことになります。この担当曜日の変遷についてもネットでは確認できませんでした。受験生だった1973年度にあの放送の内容を繰返し聞いたことは確かなので、放送日は「1974年の2月12日以前の或る日」としか言えなくなりました。
以上、「思い込みや記憶違いは誰にもあるわけだし、そんな細かいことどうでもいいじゃないか」とも思いましたが、ブログのコメント欄というのは不特定多数の人の目に触れる場所なので、確認できた範囲で訂正させていただきました。何か自己満足のために行数を取ってしまったようで申訳ありません。

竜耳巻尾さん☆
ご丁寧にありがとうございます。
何か読んでいて頭がこんがらかってしまいましたが、
こんなに真面目に、正確にコメントを書いていただいて、感謝しています。

73年に受験生。ということは、私の方が、二歳くらい年上かな?

『2月12日の手紙「ひとり…」』は出だしが「口からこぼれていったのは~」でしたっけ?
ナレーションや歌が入ったLPも買った記憶もあります。
その中の音楽を高校の創作ダンスに使ったような気がします。

多少歳が違っても、同じ時代に、同じ人から影響を受けた人と思い出を共有出来るって、何だか嬉しいものですね。


やっぱり。。。。

「走れ歌謡曲」は一度も聞いたことがないなぁ。
高校生の時あんなに聞いてた深夜放送。
70年代にはいってしばらくしてから環境がかわり、ラジオどころかテレビ、雑誌などなどほとんどかかわることがなかった。
新聞だけはかろうじて。。。
今思うと何に気を遣ってたんだろう、と思うんやけど、価値観の全く違う家族に囲まれた嫁生活に慣れようと必死。

アホな1970年代でありました。

「ケンケン」は見城美枝子さんやねぇ。

落合恵子さんやケンケンは今も活躍して露出が多いから何となく当時の活躍も知ることができるけど、「みぃこ」さんは今どこかでひっそりと過ごされてるから私の記憶にないんやね。
~~~~~~~~~~~~

>多少歳が違っても、同じ時代に、同じ人から影響を受けた人と思い出を共有出来るって、何だか嬉しいものですね。

中島みゆきが同じことをいってましたよ。

「同じ時代に生まれてくれてありがとう」

ほんと、そのとおり。
mixiでいただいたHARUさんとのご縁。。。大切にしたいな。

ふふふ・・
かの「お茶目な夕星」はこの日記でコメントデビューをしたのね。

年下ながら「気高き大人のおんな・うえちん」と共に彼女たちともいいご縁をいただきました。。。。大切にしたいな。


hirameちゃん☆
そうかぁ、私は中島みゆきとおんなじ発想なんや。
ちょっと嬉しいかも(^o^)

そうなのよ、ゆうせいの初コメントやったから、ケンケンは違う人やと思ったけど、
敢えて触れなかったのよ。
私もまだ彼女に遠慮っちゅうもんがあったからね。

ミニコンサートの話、なつかしいですね。
私も当時、中学~高校くらいで、毎週リクエストはがきを出してはミコタンの放送を聴いてました。
もちろんミニコンサートの話も生で聴いてて、ミコタンが「たくさんではなく大勢と言わないといけない」と言ったのを鮮明に覚えています。
後年、媒酌人の挨拶の時には大いに参考にさせていただきました。

ミコタンは私の一番好きなDJでしたし、今も変わらず大好きです。
ほんとにどうしておられるんでしょう。

Hiroさん☆

コメントありがとうございます。

私と同じ放送を聞いていて、同じところに感じ入って覚えている人がいらっしゃるとは、嬉しい限りです。

私も普段の会話でも、決してたくさんの人とは言わないように心がけています。

とっても明るい方だったから、素敵な人生をお過ごしなのではと想像しています。

テレビ寺子屋に落合恵子さんが出ていたのを見て、ふとミコタンの誕生日だったのを思い出してネット検索したら、ここに行きつきました。
何か40年ほどタイムスリップしたみたいな幸せな気持ちになりました。
私の覚えてるミニ情報は、兼田みえ子(本名:兼田美笑子)昭和19年2月12日生まれくらいです。
ミニコンサートにも2回ほど行って、サインをもらったり、握手をしてもらって写真を撮ったりしたのですが、今度実家に行った時に探してみよう。
ミコタンは今も元気なのかな?

ikeさん☆
コメントありがとうございます。
私も雑誌などで、落合恵子さんを見るたび、兼田みえこさんのことを思い出します。

昭和19年生まれということは、67歳になられたところですね。

本当に憧れの人だったので、今どんな風に歳を重ねておられるのか、知りたいなと思います。

 1977年10月8日品川スポーツランド。あれから34年余りが経った今も、私はあの日を忘れることはありません。
 当時大阪に在住する高3生であった私は、「走れ歌謡曲10周年記念大運動会」にどうしても参加したくてたまりませんでした。土曜日にも学校の授業があった時代でしたが、私はこれを(今流にいうと)スルーして、新大阪駅から8時58分発のひかり号に乗り込み、東京を目指しました。
 運動会の結果は、私が参加させて頂いた兼田みえ子チームが優勝し、最高の気分で帰路につきました。
 この時、私は、運動会の会場で当時高2生であった「滋賀のKAZU」君というリスナーに出会い、同じ関西人同士ということも手伝って、すっかり意気投合してしまいました。
 帰りはKAZU君と東京駅から米原駅までをともにし、別れ際には、「また15周年の時には会おう」と固い握手を交わしながら約束したのですが、これは結局果たせずじまいでした。
 それでも毎年10月8日が来るたびに、兼田みえ子さん、滋賀のKAZU君をはじめ、兼田みえ子さんとともに「マルキンレディーズ」のメンバーであられたラジオ大阪(OBC)の本田良子さん、東海ラジオ(SF)の亀井真理子さんは今何をしておられるのかという想いを馳せる私がいるのです。
 あの日、兼田さんと亀井さんから頂いたサイン、兼田さんと亀井さんと一緒に写して頂いた写真、本田さんも含めて写させて頂いた「マルキンレディーズ」の写真、さらにはKAZU君と交換したサインは、今も大切にしています。  

キュアオニタロウさん☆
初めまして
この日記は2007年に書いたものですが、こうして今でもコメントを下さる方がいることを
とても嬉しく思います。
青春時代、同じように兼田みえこさんのラジオを聴いていて、
それぞれの思い出を語る人がいる
何だか嬉しいです。
1977年と言えば、私はもう社会人。
深夜放送を聴く余裕もなかったので、そのような運動会があったとは、知りませんでした。
授業をパスして東京までとは、かなり熱心なファンでいらっしゃったのですね。
私も一度兼田さんにお会いしたかったです。

HARU様へ

 初めまして。
 私は、現在大阪府枚方市に在住しているキュアオニタロウです。
 丁寧なお返事を頂き、有難うございました。私の方こそ、あれから34年も経った今でも、自分にとって人生最高の「恩師」であった兼田みえ子さんのことをお話し出来る場に巡り会え、本当に嬉しく思います。
 今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

HARU様へ

 重ねてのコメントをお許しください。
 今から43年前の1968年11月19日午前3時。「走れ歌謡曲」が文化放送で産声を上げた日です。そのトップバッターこそが「火曜日の朝」を担当された兼田みえ子さんだったのです。
 当時小学校3年生であった私は、まさに「夢の中」でしたが、このような「記念すべき日」コメントをさせて頂けて本当に嬉しく思います。

昭和52年走れ歌謡曲十周年運動会私は大遅刻して品川に着きました。終了後兼田みえこさんと話をしている二人の若い男性を遠くから眺めていましたがもしかしてそれが貴方たち?その後兼田みえこさんどうしているのか?今でも気になります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« すったもんだの末観て来ましたディパーテッド | トップページ | 贅沢に慣れてませんか? »